★ライターナビ/面接対策★
面接準備へ入る前の心へとして、面接に必要なマナー情報を紹介しています。正社員、契約社員、派遣社員を目指す人はぜひ参考にしてみてください。

面接とは

大企業、中小企業はもちろんのことベンチャー企業も優秀な人材を求めています。国内の企業数だけでも380万以上ありその数だけ面接があると思っていいのかも知れません。

企業が面接をする理由は、履歴書に書かれている志望動機や本人の長所や短所を知りたいわけです。

実際に本人を前にして、問答することで誠実さを見たり本音を聞き出したりします。中小企業の場合は、1次面接だけで採用を決める企業もありますが、大企業では、2次面接まで行うのが一般的です。

採用者は、中小企業の場合、副社長や社長を含む担当者であったり、大企業の場合は、役員が面接に当たることも少なくありません。書類選考に合格すると面接へと進むわけですが、ここでは、最低限知っておきたい面接の心へを紹介しています。

ライバルに差をつけるためにもぜひ一読いただければと思います。


採用されやすい面接の服装

面接は、実際に対面して行われるために第一印象が大事です。新卒であれば、リクルートスーツに身を包んだり、転職者であれば企業カラーに合わせて選ぶか、当たり障りのない印象のいいス ーツを選ぶことが大事です。

色は黒か紺色を基本に清潔感のあるスーツを選びます。デザインに凝ったものではなくシンプルなスタイルが基本です。

さらに、汚れやほこりがないかをチェックします。 面接官は、顧客への営業、接客などがある場合を仮定して生活感があるかどうかを見極めることから、第一印象のいい服装を心がけ身だしなみを整えましょう。


髪型

髪の長い人は、後ろに一つに結びます。アクセサリーはつけずにヘアカラーの場合は黒に近い色を選びます。それ以外では企業カラーに合わせることが基本です。


面接は、待ち時間から始まっている

面接の人数が多い企業では、面接のため順番を待っていなければなりません。座っていても足を組んだり、背筋が曲がっていたり、面接の姿勢が見えなければライバルを採用するかも知れませ ん。

どこで誰が見ているか分からないことから面接の待ち時間といえど甘くみてはいけません。面接時だけ態度をよくするのではなく面接前後のマナーにも注意を払いましょう。


入退室のマナーを知る

入退室時の一例です。

1.入室するときは、「コンコン」とドアをノックします。
2.「どうぞ」と言われてから入室します。入室したら背筋を伸ばして丁寧に一礼します。
3.「着席してください。」と言われてから座ることがポイントです。
4.「失礼します」と着席します。

入退室時は、相手企業の誘導に応じて対応します。勝手にドアを開け、勝手に椅子に座ってはいけません。


面接時の話し方

見た目や話し方も面接では重要視されます。話すときは、どこを見て話せばいいか分からない場合は、相手の鼻あたりを見て話すとあたり障りない印象を与えます。時々、目を合わすこともポ イントです。まったく目を合わせないとなると、企業への面接に消極的と思われます。

話し方のスピードは、早口はさけて面接官が聞き取りやすい口調で話します。背筋をのばし、「です」「ます」調で最後まできちんと話すことで企業への思いをアピールできます。