Writer.N / ライターナビ

Writernabi/みんなが知りたい就職・転職・就活情報!

タグ:就職

★資料請求アレコレ★英会話スクール【駅前留学・NOVA】
英会話スクール【駅前留学・NOVA】は、英会話スクールとしては全国規模で事業展開しており校舎数も日本最大級です。NOVAの講師陣は、すべて外国人からなりネイティブスピーカーによるレベル別プランにより語学力アップが図れます。

【駅前留学・NOVA】の広告をインターネットや街中でもよく見かけますが、ここでは、語学力を活かしたいけれど、どの英会話スクールがよいのか迷っている人へ【駅前留学・NOVA】を紹介しています。転職を成功させたい、ビジネスに幅を持たせたい人はぜひご覧いただければと思います。


資料請求はバナーをクリック↑


語学力は転職に有利!【駅前留学NOVA】活用のすすめ!

語学力を生かした仕事はその内容やレベルもまさに様々ですが、効率的に学ぶためにも実際に就職や転職したい会社の求人内容を予め確認しておきましょう。 応募したい会社がビジネス英会話力を求めているのか、日常会話程度でよいのか、或いは、英会話よりTOEIC基準を優先して採用しているかなどをチェックする必要があります。 企業の求めているスキルを習得してから応募・アピールすることで採用される確率が高くなります。


【駅前留学NOVA】では、日常会話はもちろんのこと、ビジネス英会話も初級から中上級まで用意されています。また、TOEIC対策コースもあることから自身にあったコースを選択することができます。

【駅前留学NOVA】の特徴と料金体系

英会話スクールは高めのイメージがありますが、NOVAの場合、入会金、月会費が含まれた月謝制で、料金も下記のように月謝払いがメインの比較的利用しやすい料金体系です。また、全員外国人講師ということでコスパに優れたレッスンが行われています。オンラインはもちろんのこと、スクールに通うことで外国人講師からネイティブを直接習うことができます。英会話スクールが初めての人や失敗談のある人は、まずは、NOVAの資料請求・体験レッスンからスタートしてみませんか。


料金体系

1.グループレッスン(最大5名)
固定制(11,000円税込)/月4回

2.マンツーマンレッスン(講師と1対1)
固定制(24,440円税込)/月4回

3.ビジネス英会話
NOVAの「ビジネス100」
資料請求はバナーをクリック→駅前留学のNOVA まずは体験レッスン!

4.TOEIC対策コース(講師は外国人)
1レッスン40分/週1回2レッスン(税込44,000円)/全24レッスン

5.その他



まとめ

転職に有利な語学力習得のすすめや英会話レッスン【駅前留学・NOVA】の特徴、料金体系を紹介してきましたが、この機会に資料請求や体験レッスンをされてはいかがでしょうか。 ビジネススキルの一つでもある語学力を身につけて、将来の就職・転職へ向けてキャリアアップをしておきましょう。


資料請求はバナーをクリック↑

★ライターナビ転職レポート★
最近では、サステナブルといった言葉をビジネス業界で見かけるようになりました。サステナブルの意味合いが企業経営や社会にもたらす影響と深く関わっていることから、企業でも重要な言葉として一目置かれるようになっています。ここでは、就職・転職をはじめ、ビジネス業界の常識として、知っておくべきサステナブルの課題や取組みを紹介しています。


サステナブルとは

サステナブル(Sustainable)とは、「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」を意味します。企業とは利益を目的とした会社を意味しますが、利便性を追求した商品の開発による地球環境の悪化により体質を変える時期を迎えています。これからの企業は、資源を大切にし、地球環境に配慮した開発を押し進めることで、持続可能な社会を続ける必要性が期待されます。こうしたサステナブル社会へ向け、あらゆる分野で問題解決策としての模索が始まっています。未来に続く地球のためにもサステナブルの意味を理解しておきましょう。


サステナブルな課題とは

サステナブル社会の実現のため下記の3つのキーワードを紹介します。企業が人間・社会・環境に配慮した開発を行う上で、持続可能な対策に深く関わっている課題です。



1.ESG(Environment Social Governance)
環境・社会・企業統治の略語。環境・社会だけでなく、企業の改善や成長のため、企業を評価する立場として企業経営への社外監視。

2.CSR(Corporate Social Responsibility)
企業の社会的責任の略語。利益だけでなく、環境への配慮や雇用に関する人権尊重など企業の社会的責任。評価される立場から企業の活動向上が期待できます。

3.SDGs(Sustainable Development Goals)
持続可能な開発目標の略語。17個の地球規模の開発目標と169の達成基準。2016年から2030年の15年間に達成するための目標。




サステナブル社会への企業の取組み

産業革命以来100年以上が経過していますが、二酸化炭素(CO2)上昇、森林の環境破壊、海水汚染、地球温暖化による気候変動、資源の減少など深刻な問題があげられます。これらを意識した永続的かつ持続可能な対策の取り組みが大企業では行われていますが、サステナブル社会の実現に向けその取組みを紹介します。



1.持続可能な都市 (サスティナブル・シティ、エコシティ)
CO2、リサイクル、エネルギー、水、インフラなど自然に配慮した都市設計

2.環境に配慮した商品
リサイクル商品やオーガニック・自然素材を利用した安全な商品づくり

3.雇用・労働環境への責任
地球環境問題の他、雇用や労働条件の人権尊重。

4.フードロス問題
海外に比べて食品ロスが多い日本。本来食べられる食品を破棄するケースも。

5.エコバッグの活用
レジ袋の有料によるエコ活動。


まとめ

サステナブルの意味は、社会、企業、経済、自然、食品、エネルギーなど、さまざまなジャンルに用いられています。サステナブルは、一時的なものにとらわれず、未来に向けて永続的な役割を果たす意味がありますが、将来に向けてビジネスマンとして知っておきたいキーワードの一つです。そして、ビジネスマンはもちろんのこと、就職・転職を考えている人にサステナブルの知識を習得いただければと思います。



★ライターナビ転職レポート★
就職や転職を考えているけれど、なりたい仕事が分からない人へ、よく目にする職種を紹介しています。対して、求人情報をじっくり見たものの、未だに自分に合う仕事が見つからない人へ、あまり目にしない職種や変わった職種、めずらしい職種、ユニークな職種を紹介しています。就職や転職を考えている人は、知らないかもしれない職種があることで、仕事の探し方が変わるかも知れません。自分に合う仕事を見つけるためにもぜひご覧ください。

よく目にする職種vsめずらしい職種

 

よく目にする職種 VS めずらしい職種

・事務職系

一般事務、営業事務、経理事務、総務事務、セクレタリー、通訳・翻訳、宣伝、金融事務

 

・フリーランサー

ネット環境があればOK!バックパッカー等をしながら旅ができる

・クリエイティブ系

Webデザイナー、グラフィックデザイナー、ゲームクリエイター、ライター・編集・校正

  

・冒険家・探検家

スポンサーの資金が必要。また、公演・書籍販売で資金を集める

・エンジニア系

プログラマー、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニア

 

・バイヤー

現地での洋服やバッグを買付する仕事

 ・営業・販売・サービス

セールス営業、アパレル販売、家電量販店、テレマーケティング、受付、カウンター、レジ

 

・賞状書士

書道や筆ペンで賞状や祝辞などを書く仕事

 ・医療・介護系

医療事務、病院受付、看護師、准看護師、介護士、介護福祉士、ヘルパー

 

・宝石鑑定士

宝石の鑑定をしたりグレードを決める仕事

 ・軽作業・イベント系

シール貼り、仕分け、梱包、ピッキング、ドライバー、警備、清掃スタッフ、イベントスタッフ

 

・恋愛カウンセラー

恋愛相談・悩みの解決へのサポート

 

 

 

・ディズニースタッフ

キャスト別のコスチュームが特徴的

 


 

・アーユルヴェーダ

セラピストとして独立もできる

 

 

 

・試験監督

大学、専門学校等の試験会場での監督、サポート

 

 

 

・建築模型士

建物のミニチュア模型作り

 

 

 

・投資家

金融商品で利益を狙ったり、企業経営への参画


 

 

・カジノ関連

スロットマシンの開発など

 

 

 

・巫女さん

神社での参拝客への対応やお守り、お札の販売

 

 

 

・靴磨き

靴磨き職人としての独立・副業

 

 

 

・並び屋さん

依頼者に代わり列に並び、間に合うようスマホなどで知らせる

 

 

 

・よろずや・便利屋

不用品回収・草刈り・清掃・ペットの散歩

 

 

 

・ひよこ鑑定士

ひよこの性別を見分ける

 

 

 

・プロゲーマー

ゲームの大会などに出場して賞金や報酬を得ることができる

 

 

 

・森林伐採

木材を生産する仕事

 ・選挙スタッフ

電話対応、ウグイス、開票業務、投票事務など多数

 

 

 

 

・ボイストレーナー

声楽家によるヴォーカル講師

 

まとめ

よく目にする職種とめずらしい職種を対比して紹介しましたが、一般的によく目にする職種以外に、こんな仕事があるんだとお分かり頂ければと思います。今の仕事に不満があり、仕事にやりがいが見つからない人は、就職や転職のヒントにぜひ参考にしていただければと思います。





★ライターナビ転職レポート★
IT・インターネット業界でもグローバル化が進み、必要な情報が素早く手に入る時代になってから久しくありません。ネットユーザーにとって情報を大量に集めるだけでなく、比較・検討することで気に入った商品を手にしたり、気に入った旅行先を見つけたりしています。 そうしたネットユーザーをターゲットにしたシステム開発は、今後も必要不可欠な仕事として期待が寄せられます。


今回は、IT・インターネット業界で活躍するための3つの要素を紹介しています。エンジニア経験者、或は、これからITエンジニアを目指す人は、活躍の場へのステップとしてぜひ参考にして見てください。


まずは活躍できる職種を決める

エンジニアとして仕事を探すときは、希望する職種から選ぶことが先決です。得意とする職種と対応できるスキルを優先して探します。次に、正社員、契約社員、派遣社員、フリーランスといった就業形態を決めることも大事です。どういった立場で働きたいかを自分の中で整理してから仕事先を決めるのがポイントです。企業を主体とする場合、企業の需要に応じた職種、就業形態によることから、自身の希望する内容と合っているか、企業体質を調べる必要があります。



仕事を転職エージェントから紹介してもらう場合は、エージェントによりカラーが違います。正社員を専門で扱っていたり、フリーランスに特化したエージェントもあります。

或は、女性が活躍できる会社、グローバルで活躍できる会社など、紹介してもらう転職エージェントの特徴を知ることも上手く転職するコツといえるでしょう。 自分で探すことが難しいと感じた時は、自身に合ったエージェントを調べてからコンサルティングを受けるのもおすすめです。

誰にも負けない専門分野を持つ

この案件は、このスキルやこの言語を持っているこの人が絶対に必要!と企業に思ってもらうことが、IT・インターネット業界で活躍できる要素の一つといえます。 どういったスキルがあるか、仕事上で何ができるか、専門分野でどういった経験があるのかが採用のポイントになります。

とはいえ、エンジニアでまだ日の浅い人は、IT・システムに精通するためにスクールに通うこともおすすめです。言語に特化したスクールや講座の数も少なくありません。また、スクールによっては、スクールと抱きかかえで仕事先を紹介しているところもあります。スクール、教育、仕事紹介を1つのプロセスとして捉えているスクールもあります。スキルアップしたい人や、未経験からエンジニアになりたい人へおすすめな活用方法です。


相手から信頼されるに足る誠実さ

スキルさえあれば、企業で活躍できるだけでなく、将来的に個人で独立したり、場所を選ばず在宅・リモートワークでの仕事も期待できます。しかし、仕事がこなせることはもちろんのこと、コニュニケーション能力も必要とされます。開発を担当別にする場合など、スムーズな工程を進めるにあたり、コニュニケーション能力が必要になるわけです。場合によっては、社内だけでなく社外とのやり取りなどすり合わせによるスキルも必要になります。

仕事が優秀でもチームワークを無視した考え方は、信頼されるに足る誠実さがないと判断されます。IT・インターネット業界で活躍するためには、きちんとプロジェクトをこなせるコニュニケーション能力、情報伝達に考慮したコミュニケーション能力が求められます。

まとめ

案件規模に関わらず、プロジェクトをスムーズに進めるためには、見合ったスキルと職種の経験が必須です。そして、ITエンジニアが苦手と感じているかも知れないコニュニケーション能力が必要なことがお分かりいただけたと思います。IT・インターネット業界で活躍するには、この3つの要素をクリアすることで活躍が期待できます。バランスのとれた優秀な人材を企業が求めていることから、3つの要素の結果が出せるように頑張ってください。



こんにちは。
ライターナビ編集事務局は、ベンチャービジネスに特化した様々な情報を掲載しています。ベンチャー企業の雇用やベンチャー向け資金調達方法などを知ることができます。転職・独立・新規事業・新しいビジネスモデルを考えている人は参考にしてみて下さい。  

 ★コラム<ベンチャー企業成功の秘訣★   コンテンツ一覧

ITエンジニアの仕事内容 ★
ITエンジニアは、コンピューター技術を駆使した専門技術を要する職業の一つです。構築、開発、運用を行いますが、パソコンだけでなくタブレット、スマホなど、端末によりエンジニア技術が必要とされているため、そのニーズも増加傾向にあります。ここでは設計・開発・運用を行うシステムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニア、関連するwebデザイナーとそれぞれの仕事内容を紹介しています。


画像をクリックすると【ウズキャリIT】へ


システムエンジニアの仕事内容

ITシステムエンジニアはwebシステム、アプリケーション開発などに従事しています。SEと呼ばれており、クライアントと打ち合わせをしながら設計書を構築します。開発は、基本的にプログラマーが担当しますが、案件により設計・開発・運用といった具合に一連の工程を担当することもあります。

プログラマーの仕事内容

プログラマーは、システムエンジニアが構築した設計書に基づきプログラミング言語を駆使して開発を行います。開発内容により使用するプログラミング言語が違うため日頃から必要知識を養う必要があります。人材不足が叫ばれる中、プログラミング言語を習得することで将来性を見ることができる職種です。


ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、社内ネットワークの通信環境を構築・開発・運用するのが仕事内容です。インターネットに必要な通信プロトコル、LAN構築、メール、Webサーバーなどについての知識が必要とされています。インフラエンジニアという職種もありますが、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアを称してそう呼ばれています。

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアは、膨大な企業データを扱うことからデータベース言語を必要とします。顧客情報管理、受発注管理など売上データに関わることから必要不可欠なスキルとされています。SEやPG、ネットワークエンジニアが兼ねることが多く、データベースを専門に扱うエンジニアは少数といわれています。 また、営業部向けに詳細な顧客データや顧客予定者などのデータを抽出できるようにデータベースシステムを営業戦略的に開発・運用することもあります。


webデザイナーの仕事内容

Webサイトのデザインだけでなくコーダーができるwebデザイナーが求められています。ゲームに使用するデザイン・イラストのニーズも多く、photoshop、Illustrator、SpriteStudio、Mayaはもとより、html、css 程度のITスキルを求められる場合があります。言語のスキルアップを図ることで仕事の幅の選択が期待できます。

まとめ

ITエンジニアの仕事内容はいかがでしたか。前向きに思われた方は、ぜひ、チャレンジしてみてください。 ITエンジニアの仕事内容にハードルが高いと感じた人は、設計、開発からスタートではなく、運用、保守、管理、テストなどの仕事から入っていくこともおすすめです。ネットワークの動作、不具合チェックなどを任されることもあり、働きやすい環境を得られるかも知れません。



画像をクリックすると【ウズキャリIT】へ

こんにちは。
ライターナビ編集事務局は、一般企業からIT、プログラマ、エンジニア正社員、エンジニアフリーランスのための転職エージェントを一挙に掲載しています。面談や相談、コンサルティングを受けることで次へのステップへと繋がります。就職・転職を考えている人はぜひご覧ください

 ★お役立ち転職エージェント★   コンテンツ目次



★退職と転職のタイミング/転職のメリット、デメリット★
転職は、人生の中でそう多くあるものではありません。それだけに慎重に取り組む必要があります。ここでは、事前に転職のメリットやデメリットを知っておくことで、転職活動中の不安を少しでも解消できるよう説明しています。


転職のメリット

正社員、契約社員、派遣社員、フリーランスと雇用形態はさまざまです。働き方により雇用契約の違いがあるものの、転職にあたっては、メリットは共通するものが多いことが挙げられます。

ここでは、転職によるいくつかのメリットをご紹介します。


1.新しいやりがいを見つけられる。
2.新しいキャリアを積める。
3.違ったプロジェクトに出会える。
4.職場の環境を変えることができる。
5.人間関係を変えることができる。
6.収入アップを相談できる。

転職には、このようにメリットがあり、違ったプロジェクトやキャリアを積みたい人は、新しい仕事先で実力が発揮できるかも知れません。現状に不満があり、仕事のやりがいを優先している人には転職はメリットといえます。

また、問題解決をしないままトラブルを職場の人や環境のせいにするチームで働いている人は、人間関係を変えたいと思うことでしょう。そうした場合にも転職はメリットに働きます。



転職のデメリット

勤務しながらの転職活動では、収入の心配はありませんが、退職後の転職活動は、ブランクがあるほど収入確保が課題になります。転職するにあたりそうしたデメリットをしっかり認識してから就活することをおすすめします。

ここでは、転職によるいくつかのデメリットをご紹介します。

1.転職活動中の収入を確保する必要がある。
2.転職と退職のタイミングにより収入が減少。
3.新しいプロジェクトに不安。
4.新しい環境や人間関係に慣れるかどうか不安。

転職により収入アップ、職場環境が改善、実力も発揮できるといった人もいるかも知れませんが、転職する場合、上記のようなデメリットはつきものです。自分の生活スタイルを見つめなおして慎重に決めることがポイントです。

こんにちは。
ライターナビ編集事務局は、就職・転職・就活につながる人気コンテンツをピックアップしています。就職・転職に役立つ転職イベント情報やIT・ビジネスに関連した求人・雇用・その他さまざまな情報を提供しています。就職・転職を考えている人はぜひご覧ください。 

 ★ライターナビ転職レポート★   コンテンツ一覧


短期の仕事のメリットと言えば、やはり、自分の生活スタイルに合わせた働き方ができることではないでしょうか。これらの職種は種類も豊富で選択肢も多く、さまざまな年齢層に人気があります。

都合のいい働き方ができる短期限定の仕事は、とくに、学生、主婦、フリーター、Wワーカー、退職者などに応募者が多いようです。若年から壮年、場合によってはそれ以上の年齢の人にもチャンスを与えてくれるのが、短期の仕事のメリットと言えるでしょう。

今回は、短期ならではの職種や効率よい求人情報の見つけ方をご紹介します。




短期の仕事とは

短期のお仕事とは、1日から週単位、あるいは1か月~3が月程度の仕事の形態を指します。 期間だけでなく、勤務時間も1日1時間から数時間、あるいは、フルタイムの時間帯を選ぶことができます。

学生であれば、春休み、夏休みなどを利用した働き方ができます。主婦の場合、短期間だけでなく、たとえば、1日数時間といった短時間労働を選択することもできます。 家事に支障のない程度の働き方ができるのも、短期のお仕事のメリットではないでしょうか。

フリーター、Wワーカーであれば、シフトを選択したり、1日だけ勤務、土日のみ勤務といった形態を選択することで、空いている時間帯を有意義に活用することができるというわけです。

退職者の場合は、高齢であることを察すれば、短期の仕事や短時間の仕事の方が、働きやすいのではと思います。もっとも、高齢化社会といっても、近年は、退職者といえど現役のように生き生きしている人も少なくありません。自分の体調や生活にあった短期の仕事を見つけることで、第二の人生を送ってみてはどうでしょう。

短期の仕事にはどんな職種がある?

職種で短期の仕事を探す場合、まさに多くのカテゴリーから選ぶことができます。

たとえば、IT関連、事務系、クリエイティブ系、営業系、フード系、販売系、イベント系、倉庫内軽作業、チラシ、サンプリング系、試食販売・デモ販系、引越・事務所移転系、家電系、リゾート系、携帯系など、まさに引く手あまたの情報量です。短期の仕事を狙っている人からすれば、うれしい限りでしょう。

なかでも人気の職種をあげれば、イベント系やチラシ・サンプリング系、試食販売・デモ販系、倉庫内軽作業や引越・事務所移転系などが目を引きます。短期の仕事では、これらの職種は、とくに広告が大体と出されていて、仕事を探している人の目を引いています。

お中元、クリスマス期間限定といった繁盛期だけのシーズンで選んだり、仕事期間も1日のみ、曜日指定、期間限定など、いろいろな条件で探すことができ、都合に合った働きができるのでおすすめです。

行ってみたかった憧れのリゾート地でアルバイト!【リゾバ.com】

短期の仕事の見つけ方

短期限定の仕事の見つけ方のコツは、やはり、閲覧した情報量ではないでしょうか。インターネットにしても紙媒体にしても、多くの求人情報を目にすることで、よりよい条件の仕事をゲットできるのではと思います。

インターネットを利用する場合は、求人サイトがおすすめです。ネットで「仕事、短期、単発」と検索することで、数多くの求人サイトを見ることができます。 

さらに、高収入を狙っているのであれば、「仕事、短期、高収入」といった検索をすることで、希望する条件にあった仕事が見つかるかも知れません。

紙媒体であれば、求人情報誌、フリーペーパー、店頭の張り紙などが主流です。

求人情報誌は、地域版が特集されていたり、近場で短期の仕事を探したい人にむいているでしょう。ネットだけでは掲載されていない情報もあり、地域に特化した情報を得ることができます。

フリーペーパーであれば、駅構内やコンビニなどに置いてあるので、手軽に情報を得ることができます。 料金も無料の場合が多く、短期の仕事を探している人には嬉しいサービスでしょう。

リゾートバイトならリゾバ.com

店頭の張り紙は、直接、店舗に貼ってあるため、その場ですぐに問い合わせができます。 あるいは、後から電話してアポイントメントを取るのもいいでしょう。 駅から自宅までの間に貼ってあったり、たまたま歩いた道沿いに貼ってあったりと、突然の情報を得ることができます。インターネット、求人誌には掲載されていない、地域密着型の情報が多いかも知れません。

いずれにしても、短期の仕事をゲットするには、あらゆる媒体にアンテナを巡らせながら探すことをおすすめします。


★ライターナビ/面接対策★
面接準備へ入る前の心へとして、面接に必要なマナー情報を紹介しています。正社員、契約社員、派遣社員を目指す人はぜひ参考にしてみてください。

面接とは

大企業、中小企業はもちろんのことベンチャー企業も優秀な人材を求めています。国内の企業数だけでも380万以上ありその数だけ面接があると思っていいのかも知れません。

企業が面接をする理由は、履歴書に書かれている志望動機や本人の長所や短所を知りたいわけです。

実際に本人を前にして、問答することで誠実さを見たり本音を聞き出したりします。中小企業の場合は、1次面接だけで採用を決める企業もありますが、大企業では、2次面接まで行うのが一般的です。

採用者は、中小企業の場合、副社長や社長を含む担当者であったり、大企業の場合は、役員が面接に当たることも少なくありません。書類選考に合格すると面接へと進むわけですが、ここでは、最低限知っておきたい面接の心へを以下に紹介しています。

採用されやすい面接の服装

面接は、実際に対面して行われるために第一印象が大事です。新卒であれば、リクルートスーツに身を包んだり、転職者であれば企業カラーに合わせて選ぶか、当たり障りのない印象のいいス ーツを選ぶことが大事です。

色は黒か紺色を基本に清潔感のあるスーツを選びます。デザインに凝ったものではなくシンプルなスタイルが基本です。

さらに、汚れやほこりがないかをチェックします。 面接官は、顧客への営業、接客などがある場合を仮定して生活感があるかどうかを見極めることから、第一印象のいい服装を心がけ身だしなみを整えましょう。

髪型

髪の長い人は、後ろに一つに結びます。アクセサリーはつけずにヘアカラーの場合は黒に近い色を選びます。それ以外では企業カラーに合わせることが基本です。

面接は、待ち時間から始まっている

面接の人数が多い企業では、面接のため順番を待っていなければなりません。座っていても足を組んだり、背筋が曲がっていたり、面接の姿勢が見えなければライバルを採用するかも知れませ ん。

どこで誰が見ているか分からないことから面接の待ち時間といえど甘くみてはいけません。面接時だけ態度をよくするのではなく面接前後のマナーにも注意を払いましょう。

入退室のマナーを知る

入退室時の一例です。

1.入室するときは、「コンコン」とドアをノックします。
2.「どうぞ」と言われてから入室します。入室したら背筋を伸ばして丁寧に一礼します。
3.「着席してください。」と言われてから座ることがポイントです。
4.「失礼します」と着席します。

入退室時は、相手企業の誘導に応じて対応します。勝手にドアを開け、勝手に椅子に座ってはいけません。

面接時の話し方

見た目や話し方も面接では重要視されます。話すときは、どこを見て話せばいいか分からない場合は、相手の鼻あたりを見て話すとあたり障りない印象を与えます。時々、目を合わすこともポ イントです。まったく目を合わせないとなると、企業への面接に消極的と思われます。

話し方のスピードは、早口はさけて面接官が聞き取りやすい口調で話します。背筋をのばし、「です」「ます」調で最後まできちんと話すことで企業への思いをアピールできます。

★ライターナビ/面接対策★
履歴書に記入した内容は、必ず聞かれることを前提にすべての項目で準備をしておきましょう。一般企業を対象にした面接で聞かれやすい項目をいくつか明記していますので面接対策の参考にしてください。

志望動機

履歴書へ記入した志望動機を上手く面接官へ伝えることが合否のポイントの一つです。
面接時には以下のような内容を盛り込みながら入社意欲をアピールしましょう。

例えば

1.企業の商品に惹かれ賛同していることとその理由
2.企業の経営戦略に魅力を感じ、その中で活躍したい
3.持っているスキルや資格をどのように企業で生かしたい
4.以前の会社と同じ業務でキャリアがありどのように役立てたいか
5.卒業した学校が希望職種と合っていることから入社後何をしたいか
6.企業の将来性に引かれていることと、どうような立場になりたいか

動機に抱負を織り交ぜながら説明することがポイントです。

趣味・特技

趣味や特技は、人柄や性格を知ってもらえるチャンスです。前向きな内容でしっかりアピールしましょう。

例えば
サーフィン

サーフィンは、体力と集中力が必要です。健康であることの証、そして集中力があることから活動的に仕事をこなせることをアピールします。
趣味でありながら、ビジネスにおいて何かしら取り組める姿勢へと繋げましょう。

免許・資格

金融、不動産、建築、ITといった専門知識が必要な資格は企業から非常に重要視されています。
資格があることで即戦力となることを期待している企業には必要な人材です。

例えば
宅地建物取引主任者
社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー
弁護士

いずれも業務をこなすうえで必要不可欠な資格です。持っている資格でどのように力を発揮できるかを説明することもポイントです。

本人希望欄

希望する職種や勤務地などをアピールします。年収などについては、新卒の場合は、予め大枠が決められていますが、転職する人の場合は、年収や月収については慎重に応答します。

その人のキャリアや前職の年収も考慮に入れていかに希望を取り入れてもらえるかを考えましょう。

PRしたいこと

入社したい気持ちがあってもきちんと企業へ熱意を伝えなければいけません。具体的に今までのキャリアを説明したり成績を伝えて、入社後、企業へ貢献できることをアピールします。

採用してもらいたい気持ちが面接官へ伝わるように文章を考え口に出して練習しましょう。

自分の長所や短所は

ポイントは、最初にどういった長所かを述べた後にその説明をします。性格でもいいですし、成功体験を通して過去の実績を述べるのも考えましょう。

例えば
協調性がありコニュニケーション能力に長けているといった回答に、なぜそうした能力に長けているかを具体的に説明します。仕事では、人間関係も大事な要素であることから、コミュニケーションが取れることをアピールします。

性格以外でも成績で長所を述べることも考えます。学生時代や社会人時代に頑張ったことで得た忍耐力や精神力をアピールします。その時の成績を述べて長所を説明してもいいでしょう。

社会人であれば、前社の成績を目標達成率として数字で述べることで長所を伝えることが出来ます。


ただし、長所は1つか2つくらいに絞り適格に表現できるように練習することが大事です。

短所については、ダイレクトに欠点を述べるのはお勧めできません。短所を長所のように言いまわす表現で伝えることを心がけます。

例えば
心配性な人

プロジェクトスタート時は、心配性のため、準備に時間を掛けすぎたり、間違いのないよう確認する時間を多く取ったり…。


といった前向きな内容で説明します。

好きな言葉

好きな言葉は、ことわざから引用してもいいでしょう。そして、どうしてその言葉を選んだか理由を説明します。

例えば
「座右の銘」

意味:幸運は、準備して待っている人にやって来る。


何もしなければ何も起きない。行動することで幸運がやって来ることから、仕事に対してチャレンジ精神がある、前向きに対応できることをアピールします。

尊敬する人

歴史上の人物でもいいですし、身近な経営者を上げるのもいいでしょう。ただし、尊敬する人が入社したい会社の社風と異なっていたり、ポリシーと違ったカラーの尊敬する人ではまずは合格は難しいかも知れません。

面接する会社の考え方やポリシーを調査してから尊敬する人を決めることがポイントです。大学系列の企業であれば、大学創始者を挙げてもいいでしょう。

何か質問は?

「何か質問は?」は、面接の最後によく聞かれる質問です。逆質問にあたりますが、「特にありません。」は印象を悪くするので避けましょう。

質問があるほど、その会社への興味や意欲があることを示すことができます。

例えば
現在、取得している資格以外に取っておけばいい資格はありますか?といった風に、希望する職種に関連する資格を質問するのもいいかも知れません。

或は、服装はカジュアルとある場合、ジーパンでも大丈夫なのか、どの程度までカジュアルでも大丈夫か?!と質問します。


面接官が回答に困るようなことは避け、比較的あたりさわりのない資格や服装についての質問などがいいでしょう。

それ以外では、必要な資格にどれくらいのスキルが必要か、どういった人物を求められているかといったことを聞いてもいいかも知れません。



★ライターナビ/面接対策★
筆記試験では落第したことがないのに、面接で落とされる人も中にはいます。優秀であるはずなのにどうして突破できないのか?!面接が苦手、面接に不安や焦りを持っている方は、参考までにご覧いただければと思います。

まずは相手企業を知ること

相手企業の理解を深めることで、面接への対応が変わります。まずは、会社の理念やポリシーを調べてから、面接準備をすることをお勧めします。

企業のサイトには、企業理念や社長挨拶といった社風を感じ取れる記事が掲載されています。また、企業プレスリリースから情報を得ることでも企業ニュースを知ることが出来ます。新子会社が設立されたとか、新製品が発表されたとか、話題のニュースを知ることで面接への意気込みが変わってきます。

企業の求めている人材、企業の求めているスキルを調べて、自分の経歴やスキルに当てはめていかにアピールできるかを考えます。

以上のようなことを念頭に、日頃より企業情報に目を通すことで、当日、緊張することなく面接への対応ができることと思います。

入社したい意欲を見せること

社風に合っている、業務能力があるといったことを上手く説明することは基本的なことですが、入社意欲があるかどうかも合否の判断の一つとして重要視されています。

筆記試験の成績が良いこと以外に、コミュニケーション能力や入社意欲のある人材も必要であることから、そうした点を見せることも大事なポイントです。入社したもののすぐに会社を辞めてしまう人とか、人とのコミュニケーションが取れない人では、採用側も困るからです。

すぐに離職してしまう人では、採用者の立場もないことから、面接官も採用した後に如何に頑張ってくれる人かを見極めたいわけです。

採用者側へは、企業の魅力的なことを述べたり、競合企業との違いを述べたり、面接官が採用したいような動機を述べたりします。採用後は、どのように貢献したいかといったことを述べることで、企業への熱い入社意欲を伝えましょう。

こんなことも面接で聞かれるの?!

履歴書に書いた項目欄以外にも、会社により様々な質問がなされます。コミュニケーション能力は勿論ですが、人柄や行動力が聞かれることもあり日頃から最低限、下記のような回答を準備しておくことが大事です。

1.入社後の目標とプランがあれば述べてください。
2.会社へはどのようなことを期待しますか?
3.希望していない勤務地へ移動命令が出たらどうしますか?
4.社内行事には参加できますか?
5.前職での業務概要や求められていたスキルを述べてください。
6.前職での不満やトラブルはありますか?
7.クレーム対処法を簡単に説明してください。

企業や職種により質問が変わることから、面接する会社を調査してから自分で質問を作成して見るといいでしょう。

面接の質問と回答を暗記する

企業によってはクセのある質問が来るかも知れませんが、慣れの問題もあるため多くの質問例と回答を記憶しておくといいでしょう。

エージェントを利用する場合は、面接企業の練習に対応してもらえるところも数多くあります。それぞれの企業に合ったサポートをしてもらえる就職エージェントを活用するのもいいでしょう。

自分よりレベルが高いと思ったら

スムーズで有意義な面接になるように日頃から心がけることが必要です。 面接の回答に対して、そのレベルに達していれば、対応できる意欲を見せたり、達していなければ、前向きに準備をしたいと熱意を伝えましょう。
スムーズで有意義な会話により面接のポイントも上がります。

↑このページのトップヘ