ITエンジニアになる方法 ★
ITエンジニアは、AI開発、Web開発、アプリ開発、ゲーム開発など目指す方向性により学習内容も変わってきます。上記、いずれも関連性があり、個別にまずは学習することが肝心です。パソコン、スマホ、クルマ、家電など、どういった分野でITエンジニアになりたいかを決めることにより、ITエンジニアになる方法も変わってきます。ここでは、ITエンジニアになる方法をいくつか紹介していますのでぜひご覧いただければと思います。


画像をクリックすると【ウズキャリIT】へ


独学で習得する

現在、就業中で時間がない人は、いつでも好きなときに学べる独学がおすすめです。ITエンジニアになるための書籍も数多く出版されており、書籍は言語別でも販売されています。 経済的に厳しい人は、ネットから情報を得ることもできます。多くのプログラミング情報サイトがあり、検索することで必要な情報を得られます。初心者であれば、身近であるWebサイトに必要なHTML,CSS,PHP,JAVA SCRIPTなどから始めるのもおすすめです。

通信教育・オンライン講座

たとえば、違う職種からITエンジニアになりたい人は、通信教育・オンライン講座の利用がおすすめです。自分の好きな時間帯に学習することができるため、多忙な人や就業中の人に向いています。受講料も10万円前後から30万円程度の講座も多数あります。また、通信教育・オンライン講座を受講するまえに、簡単なプログラミングを作れる無料体験レッスンサイトもあり、エンジニアとして向いているか確認することもできます。



専門学校や大学で情報技術系を専攻する

学歴がなくても高等学校卒でもITエンジニアになることができます。スキルを身につけどれだけのことができるかで判断されるとすれば学歴は関係ありません。しかしながら、人工知能AIやビックプロジェクトなどにおいて理論や技術が必要となれば、専門学校や大学でしっかり学習することも大事です。IT進歩は速く、多岐にわたるため、必要な言語の選択やスキルアップが必要です。学費は専門学校も大学も100万円前後から300万円前後と学習期間、学部、分野により金額が変わります。

プログラミングスクールを活用

転職・就職エージェントが運営するプログラミングスクールもあります。中にはプログラミングスクールを受講・修了後に就職、転職先を紹介するシステムを設け、受講・修了に合わせてスムーズに採用されるケースもあります。エンジニアとして働きたい受講者にとって嬉しいメリットです。料金は、受講無料のエージェントもあれば数十万円かかるエージェントもあります。未経験者を対象にしたプログラミングスクールが多く、ITエンジニアを目指す人におすすめです。

新入社員として

対象の学部はもちろんのこと、情報技術系の学部を卒業していなくても採用される場合もあります。基本情報技術者、ネットワークスペシャリストなど資格を取得しておくことで、入社後の貢献度をアピールすることができます。また、未経験者の採用を支援している企業も少なくないことから、昨今、iPhoneやAndroid向けアプリ開発の意気込みを積極的に打ち出すことで採用されることもあります。

まとめ

会社の業務だけでなく生活をより便利で快適にしてくれるITテクノロジーは、さまざまな分野での需要が伸びてきており、IT化を推進する企業の取り組みも以前にも増して増えています。こうした企業ニーズに合わせるべく、やりがいのある仕事としてITエンジニアになりたいと思う人も少なくないはずです。ここでは、ITエンジニアになる方法を紹介しましたが、将来に向けて必要不可欠な職業でもあり、ITエンジニアを目指す人は、ぜひ、自分にあった方法を見つけていただければと思います。



画像をクリックすると【ウズキャリIT】へ