★ライターナビ/面接対策★
履歴書に記入した内容は、必ず聞かれることを前提にすべての項目で準備をしておきましょう。一般企業を対象にした面接で聞かれやすい項目をいくつか明記していますので面接対策の参考にしてください。

志望動機

履歴書へ記入した志望動機を上手く面接官へ伝えることが合否のポイントの一つです。
面接時には以下のような内容を盛り込みながら入社意欲をアピールしましょう。

例えば

1.企業の商品に惹かれ賛同していることとその理由
2.企業の経営戦略に魅力を感じ、その中で活躍したい
3.持っているスキルや資格をどのように企業で生かしたい
4.以前の会社と同じ業務でキャリアがありどのように役立てたいか
5.卒業した学校が希望職種と合っていることから入社後何をしたいか
6.企業の将来性に引かれていることと、どうような立場になりたいか

動機に抱負を織り交ぜながら説明することがポイントです。


趣味・特技

趣味や特技は、人柄や性格を知ってもらえるチャンスです。前向きな内容でしっかりアピールしましょう。

例えば
サーフィン

サーフィンは、体力と集中力が必要です。健康であることの証、そして集中力があることから活動的に仕事をこなせることをアピールします。
趣味でありながら、ビジネスにおいて何かしら取り組める姿勢へと繋げましょう。


免許・資格

金融、不動産、建築、ITといった専門知識が必要な資格は企業から非常に重要視されています。
資格があることで即戦力となることを期待している企業には必要な人材です。

例えば
宅地建物取引主任者
社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー
弁護士

いずれも業務をこなすうえで必要不可欠な資格です。持っている資格でどのように力を発揮できるかを説明することもポイントです。


本人希望欄

希望する職種や勤務地などをアピールします。年収などについては、新卒の場合は、予め大枠が決められていますが、転職する人の場合は、年収や月収については慎重に応答します。

その人のキャリアや前職の年収も考慮に入れていかに希望を取り入れてもらえるかを考えましょう。


PRしたいこと

入社したい気持ちがあってもきちんと企業へ熱意を伝えなければいけません。具体的に今までのキャリアを説明したり成績を伝えて、入社後、企業へ貢献できることをアピールします。

採用してもらいたい気持ちが面接官へ伝わるように文章を考え口に出して練習しましょう。


自分の長所や短所は

ポイントは、最初にどういった長所かを述べた後にその説明をします。性格でもいいですし、成功体験を通して過去の実績を述べるのも考えましょう。

例えば
協調性がありコニュニケーション能力に長けているといった回答に、なぜそうした能力に長けているかを具体的に説明します。仕事では、人間関係も大事な要素であることから、コミュニケーションが取れることをアピールします。

性格以外でも成績で長所を述べることも考えます。学生時代や社会人時代に頑張ったことで得た忍耐力や精神力をアピールします。その時の成績を述べて長所を説明してもいいでしょう。

社会人であれば、前社の成績を目標達成率として数字で述べることで長所を伝えることが出来ます。


ただし、長所は1つか2つくらいに絞り適格に表現できるように練習することが大事です。

短所については、ダイレクトに欠点を述べるのはお勧めできません。短所を長所のように言いまわす表現で伝えることを心がけます。

例えば
心配性な人

プロジェクトスタート時は、心配性のため、準備に時間を掛けすぎたり、間違いのないよう確認する時間を多く取ったり…。


といった前向きな内容で説明します。


好きな言葉

好きな言葉は、ことわざから引用してもいいでしょう。そして、どうしてその言葉を選んだか理由を説明します。

例えば
「座右の銘」

意味:幸運は、準備して待っている人にやって来る。


何もしなければ何も起きない。行動することで幸運がやって来ることから、仕事に対してチャレンジ精神がある、前向きに対応できることをアピールします。


尊敬する人

歴史上の人物でもいいですし、身近な経営者を上げるのもいいでしょう。ただし、尊敬する人が入社したい会社の社風と異なっていたり、ポリシーと違ったカラーの尊敬する人ではまずは合格は難しいかも知れません。

面接する会社の考え方やポリシーを調査してから尊敬する人を決めることがポイントです。大学系列の企業であれば、大学創始者を挙げてもいいでしょう。


何か質問は?

「何か質問は?」は、面接の最後によく聞かれる質問です。逆質問にあたりますが、「特にありません。」は印象を悪くするので避けましょう。

質問があるほど、その会社への興味や意欲があることを示すことができます。

例えば
現在、取得している資格以外に取っておけばいい資格はありますか?といった風に、希望する職種に関連する資格を質問するのもいいかも知れません。

或は、服装はカジュアルとある場合、ジーパンでも大丈夫なのか、どの程度までカジュアルでも大丈夫か?!と質問します。


面接官が回答に困るようなことは避け、比較的あたりさわりのない資格や服装についての質問などがいいでしょう。

それ以外では、必要な資格にどれくらいのスキルが必要か、どういった人物を求められているかといったことを聞いてもいいかも知れません。