Writer.N / ライターナビ

Writernabi/みんなが知りたい就職・転職・就活情報!

タグ:企業

★ライターナビ転職レポート★
就職・転職の市場価値を見出す紹介のMIIDAS【ミイダス】は、転職活動中の人へ企業から直接オファーが届くアセスメントリクルーティングプラットフォームです。面接が確定した人へだけオファーが届くため無駄な時間を省くことができます。そして、ミイダスではオファーを待つだけでなく、自身の市場価値を確認できる診断コンテンツを無料で受けることができます。

ここでは、転職活動はもちろんのこと、自己分析や面接対策をしたい人へ向けてミイダスのサービス紹介をしています。転職に向けての情報収集にお役立ていただければと思います。




無料登録はここをクリック →面接確約!転職するなら、ミイダス!


自分の市場価値を診断できる【ミイダス】とは?!

ミイダスは、スキル、経験から求職者の市場価値を判断して、企業から直接オファーが届くサービスを謳っています。登録方法は、とても簡単でミイダスの質問に答えるだけです。履歴書・職務経歴書は不要。今求められているスキルや経験に回答するだけです。 キャリアに応じて質問内容が変わることも求職者の正確な市場価値の判断材料にもなっています。また、求人企業が直接求めるスキル、経験を設定していることから、データが合致したときの採用率が高い傾向があります。

無料登録はここをクリック →面接確約!転職するなら、ミイダス!


ミイダスの3つの診断コンテンツとは

ミイダスでは、市場価値診断、コンピテンシー診断、パーソナリティ診断の3つの診断コンテンツがあります。中でも行動特性を分析するコンピテンシー診断が人気です。 コンピテンシー診断は、「日本の人事部 HRアワード2019 プロフェッショナル人材採用・雇用部門」の最優秀賞を受賞しています。 就職・転職活動中の人は自己分析の材料として3つの診断コンテンツを受けてみてはいかがでしょうか。


ミイダス3つの診断コンテンツ

・市場価値診断
市場価値診断は、7万人の転職データから同じようなスキル、経験を持つ求職者へのオファーから診断。すでにオファーがあった実績から算出するため正確性が期待できます。

・コンピテンシー診断
コンピテンシー診断は、どういったタイプが相性の良い上司、部下なのかを分析します。また、職務適正やパーソナリティーの特徴を分析します。

・パーソナリティ診断
その人の性格や個性、心のコンディション、どうすれば努力を発揮できるかなどを分析します。



まとめ

既存のデータの中から求職者と同じスキル、経験を持つ人が、どこに就職・転職したのかわかることから、転職先を決めやすい傾向があります。また、求職者の類似性から算出するため採用の確率が高いことがあげられます。就職・転職に悩んでいる人は、求職者のために企業へ継続的に売り込んでもらえるミイダスを利用してみてはいかがでしょうか。



★ライターナビ転職レポート★
最近では、サステナブルといった言葉をビジネス業界で見かけるようになりました。サステナブルの意味合いが企業経営や社会にもたらす影響と深く関わっていることから、企業でも重要な言葉として一目置かれるようになっています。ここでは、就職・転職をはじめ、ビジネス業界の常識として、知っておくべきサステナブルの課題や取組みを紹介しています。


サステナブルとは

サステナブル(Sustainable)とは、「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」を意味します。企業とは利益を目的とした会社を意味しますが、利便性を追求した商品の開発による地球環境の悪化により体質を変える時期を迎えています。これからの企業は、資源を大切にし、地球環境に配慮した開発を押し進めることで、持続可能な社会を続ける必要性が期待されます。こうしたサステナブル社会へ向け、あらゆる分野で問題解決策としての模索が始まっています。未来に続く地球のためにもサステナブルの意味を理解しておきましょう。


サステナブルな課題とは

サステナブル社会の実現のため下記の3つのキーワードを紹介します。企業が人間・社会・環境に配慮した開発を行う上で、持続可能な対策に深く関わっている課題です。



1.ESG(Environment Social Governance)
環境・社会・企業統治の略語。環境・社会だけでなく、企業の改善や成長のため、企業を評価する立場として企業経営への社外監視。

2.CSR(Corporate Social Responsibility)
企業の社会的責任の略語。利益だけでなく、環境への配慮や雇用に関する人権尊重など企業の社会的責任。評価される立場から企業の活動向上が期待できます。

3.SDGs(Sustainable Development Goals)
持続可能な開発目標の略語。17個の地球規模の開発目標と169の達成基準。2016年から2030年の15年間に達成するための目標。




サステナブル社会への企業の取組み

産業革命以来100年以上が経過していますが、二酸化炭素(CO2)上昇、森林の環境破壊、海水汚染、地球温暖化による気候変動、資源の減少など深刻な問題があげられます。これらを意識した永続的かつ持続可能な対策の取り組みが大企業では行われていますが、サステナブル社会の実現に向けその取組みを紹介します。



1.持続可能な都市 (サスティナブル・シティ、エコシティ)
CO2、リサイクル、エネルギー、水、インフラなど自然に配慮した都市設計

2.環境に配慮した商品
リサイクル商品やオーガニック・自然素材を利用した安全な商品づくり

3.雇用・労働環境への責任
地球環境問題の他、雇用や労働条件の人権尊重。

4.フードロス問題
海外に比べて食品ロスが多い日本。本来食べられる食品を破棄するケースも。

5.エコバッグの活用
レジ袋の有料によるエコ活動。


まとめ

サステナブルの意味は、社会、企業、経済、自然、食品、エネルギーなど、さまざまなジャンルに用いられています。サステナブルは、一時的なものにとらわれず、未来に向けて永続的な役割を果たす意味がありますが、将来に向けてビジネスマンとして知っておきたいキーワードの一つです。そして、ビジネスマンはもちろんのこと、就職・転職を考えている人にサステナブルの知識を習得いただければと思います。



★ライターナビ/面接対策★
筆記試験では落第したことがないのに、面接で落とされる人も中にはいます。優秀であるはずなのにどうして突破できないのか?!面接が苦手、面接に不安や焦りを持っている方は、参考までにご覧いただければと思います。

まずは相手企業を知ること

相手企業の理解を深めることで、面接への対応が変わります。まずは、会社の理念やポリシーを調べてから、面接準備をすることをお勧めします。

企業のサイトには、企業理念や社長挨拶といった社風を感じ取れる記事が掲載されています。また、企業プレスリリースから情報を得ることでも企業ニュースを知ることが出来ます。新子会社が設立されたとか、新製品が発表されたとか、話題のニュースを知ることで面接への意気込みが変わってきます。

企業の求めている人材、企業の求めているスキルを調べて、自分の経歴やスキルに当てはめていかにアピールできるかを考えます。

以上のようなことを念頭に、日頃より企業情報に目を通すことで、当日、緊張することなく面接への対応ができることと思います。

入社したい意欲を見せること

社風に合っている、業務能力があるといったことを上手く説明することは基本的なことですが、入社意欲があるかどうかも合否の判断の一つとして重要視されています。

筆記試験の成績が良いこと以外に、コミュニケーション能力や入社意欲のある人材も必要であることから、そうした点を見せることも大事なポイントです。入社したもののすぐに会社を辞めてしまう人とか、人とのコミュニケーションが取れない人では、採用側も困るからです。

すぐに離職してしまう人では、採用者の立場もないことから、面接官も採用した後に如何に頑張ってくれる人かを見極めたいわけです。

採用者側へは、企業の魅力的なことを述べたり、競合企業との違いを述べたり、面接官が採用したいような動機を述べたりします。採用後は、どのように貢献したいかといったことを述べることで、企業への熱い入社意欲を伝えましょう。

こんなことも面接で聞かれるの?!

履歴書に書いた項目欄以外にも、会社により様々な質問がなされます。コミュニケーション能力は勿論ですが、人柄や行動力が聞かれることもあり日頃から最低限、下記のような回答を準備しておくことが大事です。

1.入社後の目標とプランがあれば述べてください。
2.会社へはどのようなことを期待しますか?
3.希望していない勤務地へ移動命令が出たらどうしますか?
4.社内行事には参加できますか?
5.前職での業務概要や求められていたスキルを述べてください。
6.前職での不満やトラブルはありますか?
7.クレーム対処法を簡単に説明してください。

企業や職種により質問が変わることから、面接する会社を調査してから自分で質問を作成して見るといいでしょう。

面接の質問と回答を暗記する

企業によってはクセのある質問が来るかも知れませんが、慣れの問題もあるため多くの質問例と回答を記憶しておくといいでしょう。

エージェントを利用する場合は、面接企業の練習に対応してもらえるところも数多くあります。それぞれの企業に合ったサポートをしてもらえる就職エージェントを活用するのもいいでしょう。

自分よりレベルが高いと思ったら

スムーズで有意義な面接になるように日頃から心がけることが必要です。 面接の回答に対して、そのレベルに達していれば、対応できる意欲を見せたり、達していなければ、前向きに準備をしたいと熱意を伝えましょう。
スムーズで有意義な会話により面接のポイントも上がります。

↑このページのトップヘ