Writer.N / ライターナビ

Writernabi/みんなが知りたい就職・転職・就活情報!

タグ:プログラマー

ITエンジニアの年収・収入 ★
ITエンジニアを目指している人やITエンジニアとして転職を考えている人にとって気になるのが年収や収入です。社員と違いフリーランスであれば、クライアントや元請けとの間にどれくらいの会社が入っているかによっても収入が変わります。ITエンジニアの収入は、高度なスキルが求められており一般職より高額といわれています。ここでは、ITエンジニアの仕事の内容に分けて、それぞれの年収、収入を紹介しています。


画像をクリックすると【ウズキャリIT】へ


システムエンジニア

システムエンジニアは、専門スキルを求められる仕事なだけに年収や給与も比較的その他の職種に比べて高額です。社員の場合であれば、平均年収は、500万円から550万円が相場といわれています。経験が浅い初任給レベルであれば300万円前後、スキルをともなうベテランSEであれば600万円以上の給与が見込めます。 一方、フリーランスの場合、請負先の契約により左右されるため収入にもばらつきがあります。平均収入は、月60万円から80万円といわれていますが、仕事の受注がなければ無収入という厳しい環境化におかれます。請負先にもよりますが、高額案件を請負うことで高収入を得ることができます。

プログラマー

プログラマーの平均年収は、400万円前後から500万円前後が相場といわれています。システムエンジニアよりは多くはないものの、将来、SEとして活躍するためにも年収アップを図りながら実力を備えることで安定が図れます。  一方、フリーランスの場合、年収600万円前後と社員よりは高額な傾向にあります。アルバイトであれば、時給2000円前後から募集されています。特別なスキルが必要なプログラマーの収入は、残業の有無にもよりますが、アルバイトの立場でもある程度の収入を見込めます。



ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの収入は、平均年収450万円が相場です。プログラマーの平均年収とほぼ同じ程度です。一方、フリーランスの場合、年収650万円前後が相場といわれています。ネットワークエンジニアは、インフラ構築やサーバー構築が仕事ですが、必ず必要な分野でもあることから、スキルを取得することで、安定した収入を得ることができます。請負案件も多く、管理・保守・運用を含めて長期にわたり将来性が見込めます。

データベースエンジニア

データベースエンジニアの年収は、社員であれば500万円前後が相場といわれています。一方、フリーランスの場合、年収500万円から600万円前後と社員より若干高めです。リモートワークや常駐案件も多くスキルや経験があればより多くの収入が見込めます。比較的、学歴は関係なく、データベースの資格を取得することで安定収入を得やすい傾向があります。

Webデザイナー

webやゲームを扱う2Dデザイナー、3Dデザイナーの需要は多く、使用するソフトも多数あり目的とする分野でのスキルアップが必要です。webデザイナーの年収は、扱えるソフトや言語により200万円前後から600万円前後と比較的大きく分かれています。フリーランスの場合も、デザインスキルの有無によりかなり開きがあります。デザイン以外の言語を扱えたり、卓越した2D、3Dデザインを扱えることでより多くの収入が見込めます。

まとめ

ITエンジニアの収入は、社員とフリーランスでは違いがあることがわかります。比較的収入アップを期待できるのがフリーランスですが、案件ごとに契約することから自己管理が大変重要です。また、案件がなければ一気に収入が減少するのもフリーランスの環境です。このことからITエンジニアの世界は、いかに安定した案件を獲得できるか、そして、いかに信頼できる実力スキルを提供できるかにより変わることを覚えておかなければいけません。



画像をクリックすると【ウズキャリIT】へ

ITエンジニアの仕事内容 ★
ITエンジニアは、コンピューター技術を駆使した専門技術を要する職業の一つです。構築、開発、運用を行いますが、パソコンだけでなくタブレット、スマホなど、端末によりエンジニア技術が必要とされているため、そのニーズも増加傾向にあります。ここでは設計・開発・運用を行うシステムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニア、関連するwebデザイナーとそれぞれの仕事内容を紹介しています。


画像をクリックすると【ウズキャリIT】へ


システムエンジニアの仕事内容

ITシステムエンジニアはwebシステム、アプリケーション開発などに従事しています。SEと呼ばれており、クライアントと打ち合わせをしながら設計書を構築します。開発は、基本的にプログラマーが担当しますが、案件により設計・開発・運用といった具合に一連の工程を担当することもあります。

プログラマーの仕事内容

プログラマーは、システムエンジニアが構築した設計書に基づきプログラミング言語を駆使して開発を行います。開発内容により使用するプログラミング言語が違うため日頃から必要知識を養う必要があります。人材不足が叫ばれる中、プログラミング言語を習得することで将来性を見ることができる職種です。



ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、社内ネットワークの通信環境を構築・開発・運用するのが仕事内容です。インターネットに必要な通信プロトコル、LAN構築、メール、Webサーバーなどについての知識が必要とされています。インフラエンジニアという職種もありますが、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアを称してそう呼ばれています。

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアは、膨大な企業データを扱うことからデータベース言語を必要とします。顧客情報管理、受発注管理など売上データに関わることから必要不可欠なスキルとされています。SEやPG、ネットワークエンジニアが兼ねることが多く、データベースを専門に扱うエンジニアは少数といわれています。 また、営業部向けに詳細な顧客データや顧客予定者などのデータを抽出できるようにデータベースシステムを営業戦略的に開発・運用することもあります。

webデザイナーの仕事内容

Webサイトのデザインだけでなくコーダーができるwebデザイナーが求められています。ゲームに使用するデザイン・イラストのニーズも多く、photoshop、Illustrator、SpriteStudio、Mayaはもとより、html、css 程度のITスキルを求められる場合があります。言語のスキルアップを図ることで仕事の幅の選択が期待できます。

まとめ

ITエンジニアの仕事内容はいかがでしたか。前向きに思われた方は、ぜひ、チャレンジしてみてください。 ITエンジニアの仕事内容にハードルが高いと感じた人は、設計、開発からスタートではなく、運用、保守、管理、テストなどの仕事から入っていくこともおすすめです。ネットワークの動作、不具合チェックなどを任されることもあり、働きやすい環境を得られるかも知れません。



画像をクリックすると【ウズキャリIT】へ

↑このページのトップヘ